エイジングケアの知識

エイジングケアの豆知識

内面からのエイジングケアとアルコール摂取

エイジングケアにアルコール摂取は敵か味方か。今も昔もこれを敵とする見解と見方とする見解、両方が存在します。

 

毎日大量のアルコールを摂取すると、細胞レベルでの老化が進むという事実を裏付ける研究結果がある一方、アルコールは昔より「百薬の長」と言われ、適度な量の摂取は長寿や美容の秘訣と考えられています。

 

もちろん度を過ぎた摂取はエイジングケアだけでなく人生の様々な面に悪影響を及ぼすのは言うまでもありません。では適度なアルコール摂取を味方につけるにはどうしたら良いのでしょうか。そもそもエイジングケアの中で重要なのは外側からのケアよりも精神状態、内面からの輝きです。

 

いくら外面を若く保つことが出来ていてもそれが内側から溢れだす若さ美しさでなければ周囲はすぐに上辺だけの人工的なものと気づきます。しかし外面を若く作り込んでいなくても、そして例え苦労を重ねて来た人生だったとしても、内側が喜びで溢れていればそれは生き生きとした美しさとして周囲に鮮やかに焼き付けられます。

 

それにはこれまでの人生で問題や困難があったことは関係ないのです。誰しも人生に問題や困難はつきものです。要は辛い思いをしたことが重要なのではなく、それをどう乗り越えてきたのかが美しくエイジングケアされている女性からは感じられるものです。そこでアルコールの出番です。

 

楽しい気持ちで、毎日を少しスペシャルにするものとしてのアルコールの存在は内面からのエイジングケアにとても大きな力を発揮するのです。大変なことがあっても美味しい食事と少しの美味しいワインやお気に入りのカクテルがあれば笑顔も出て、美しく年を重ねていくことができるのです。

 

ありとあらゆる注射や手術などで不自然にエイジングケアしていくよりも、気が向いた時一日の終わりに好きなお酒で少しだけ一杯やる。そして笑って気持ち良くなって楽しい話を少し。そんな生活が美しく自然に年を重ねていくのに大きな役割を果たし、何より欠かせないものなのです。