エイジングケアの知識

エイジングケアの豆知識

エイジングケアはバスタイムを活用して

エイジングケアは毎日のスキンケアも大切ですが、毎日欠かさずお風呂に入る習慣の中でバスタイムの時間の過ごし方がエイジングケアに相乗効果を発揮します。

 

お風呂タイムはデトックス効果を高めるのにとっておきの時間です。時間的に余裕がある費はできるだけゆったりとお風呂に入り、バスタイムを有効活用しましょう。

 

まず、デトックス効果を高める意味合いと脱水症状でのぼせてしまうことを防ぐために、入浴前にはお水をコップ一杯飲んでから入浴することを推奨しています。入浴スタイルは体への負担を軽減し、新陳代謝を高めるために少しぬるめのお湯に胸の下まで浸かります。

 

入浴中はテレビを見たり、音楽を効いたり、またはゆったりとお風呂に浸かっているなど思い思いの時間を過ごしてください。個人差はあるものの、約k10分ほどで肌の表面にうっすらと汗が滲み出てきます。更にお湯に浸かっていると滝のように汗が流れ出てくるのが実感できます。

 

デトックス効果が高まっている証拠で、汗と一緒に老廃物が出ているので、体の中から綺麗になることができます。のどが渇いたら水分を補給してください。その後、体を洗いますが、ここで注意したいのはタオルで肌をこすり過ぎないことです。

 

汚れが落ちる間食が気持が良いものの、タオルで肌をこすり過ぎると乾燥や肌の老化を促進してしまいます。そのため、石鹸で泡立てた泡を手のひらに乗せて優しく手のひらで洗うだけでも汚れを落とし、肌を保護することができます。

 

タオルで洗う場合には、ゴシゴシと擦らないように注意するだけでエイジングケアとなります。冬場は半身浴をするだけで、体の芯からぽかぽかと温まり、新陳代謝を高めて冷え性を改善する効果があります。体が温かいまま眠りにつくと良質な眠りにつくことができるので、お肌のターンオーバーも促進されます。冬場は半身浴をすることによってエイジングケアのみならず、風を引くことが無くなり、健康な体を維持することができます。