エイジングケアの知識

エイジングケアの豆知識

エイジングケアとアンチエイジングの違いについて

エイジングケアとアンチエイジングの違いについては、薬事法が関わっています。薬事法で医薬部外品だけがアンチエイジングという言葉を使うことが許されています。言葉としての違いをあまり意識しないで使っている方も多いですが、医薬部外品でないものにアンチエイジングの表記は使うことができません。

 

意味の違いとしては、エイジングケアはエイジングによって衰えていく肌や体などのお手入れをするという意味があります。一方、アンチエイジングは、老化を防止したり、老化に抗うことを意味します。老化を自覚する年代は四十歳などある程度の年齢がきてからとなりますが、加齢という点では、20代からその影響は受けています。

 

老化に伴うサインは、出てきてからでは遅いですから早めのケアが大切です。また、老化のサインを知ることで、キチンとした対策をとることができます。エイジングサインを見つけたら、速やかにエイジングケアをしましょう。

 

目力が昔と比べてなくなったり、頬の毛穴が目立ってきたり、口角が下がってしまって常に不機嫌そうな表情に見えたり、目元や口元が乾燥しやすくなったり、頬のたるみが気になったり、ほうれい線が気になったりしてきたら、エイジングサインです。

 

エイジングケアはエイジングサインが出てくる前から始めておくのが効果的です。エイジングサインが出たら待ったなしですから、本格的に必要なケアをしましょう。老化の原因は乾燥と紫外線の影響による光老化です。乾燥を防ぎ、紫外線対策を万全にしておきしまょう。

 

乾燥を招く原因として、間違ったクレンジングや洗顔があげられます。毎日のことですからダメージも大きいので、正しいクレンジングや洗顔が出来ているのかをチェックしてみるとよいです。シャワーで顔を洗ったり、ポイントメイクを専用のクレンジングで落とさなかったり、ゴシゴシとクレンジングを拭き取ったり、油抜きのダイエットをするなど、自分では気付かずに乾燥を招いていることがあります。

 

紫外線対策は一年を通して行います。曇りの日はもちろん、室内にいるときにも日焼け止めを塗るなどの対策をしておくとよいです。さらにバランスのよい食事や規則正しい生活、適度な運動や十分な睡眠などがエイジングケアには有効です。