エイジングケアの知識

エイジングケアの豆知識

エイジングケアを意識する時期について

エイジングケアというと、どのようなものを思い浮かべるでしょう。真っ先に思い浮かぶのは、お肌の手入れではないでしょうか。

 

シミやシワのない肌は若くて健康的に見られます。エイジングケアを意識する時期は人それぞれですが、早い人では30歳前後から、多くの人は40歳前後から意識し始めるようです。

 

エイジングケアの中でも最近特に注目されているのが紫外線に対するケアです。海水浴や屋外のレジャーなど、若いころは強い紫外線を浴びてもシミがあまりできないため、エイジングケアといってもピンと来ないかもしれません。

 

しかし、年齢を重ねるごとに紫外線のダメージがシミやシワなど目に見える形で現れてしまうようになります。そのため、多くの女性のエイジングケアは紫外線対策が柱となっています。紫外線対策としては、日焼け止めや紫外線を吸収するファンデーションを塗布したり、帽子や日傘などで直射日光を遮ることなどがあげられます。

 

また、見落としがちなのが室内にいるときの紫外線です。日中、日当たりのよい窓際で過ごしていると知らず知らずのうちに日焼けしてしまいます。カーテンやシェードなどを利用して、日光を遮る工夫をするとよいでしょう。また、気を使いたいのが良質の栄養と睡眠をとることです。

 

栄養については、それぞれの栄養素が相互に作用して働くことから、バランスのとれた食生活を送ることが大切です。なかでも果物や野菜に多く含まれているビタミンCはメラニンができるのを抑えてくれますから、継続的に摂取したいものです。

 

アボカドやナッツ類に多く含まれているビタミンEも抗酸化作用が高く、新陳代謝を促してくれるのでお勧めです。また、コラーゲンが豊富な鶏の手羽先やイソフラボンの豊富な大豆も積極的に摂取したいものです。さらに、良質な睡眠を確保して新陳代謝を促すことも重要です。ぐっすり眠るために軽い運動をしたり、夕食は早めの時間に済ませておくなど、自分に合った方法でぐっすり眠れる工夫をしてみましょう。